カラーの成分

美容室で使っているカラー剤の成分について詳しくお知らせします。
一般で売っているカラー剤も美容室で扱っているカラー剤も酸化染毛剤と言われています。おおまかにいって、色素+過酸化水素(ブリーチ)です。
前に噂話で、産婦人科の関係者の話として・・最近、羊水がシャンプーの匂いがする。と言った話、何十年と自分で白髪染めをしている人の脳の切開手術をした時の脂肪層にカラーの色素が沢山入りこんでた話など・・
現在、これらの人工色素に代わる物はないのが現状です。が・・・何がいけないかを考えた時にしなくてはいけないことがあります。美容室側の問題としては、この人工色素を体内に入れてはいけないと言うことと、何も頭皮に処理しないで、カラー剤を頭皮に付けてはいけないと言うことと、人口色素が体内にはいると害があるということの認識を持って、仕事にあたらないといけないと言うことです。
カラー剤の使用上の注意として
○次の方は染毛しないでくださいと書いてあります
七種類ぐらい
特異体質の方、腎臓病・血液疾患の既往症のある方。
生理時、妊娠中、妊娠の可能性がある方。
出産後、病中、病後の回復時にある方
あとは、皮膚に異常がある方
等です。
一度、成分について調べてみてください
一例です。
塩酸、パラフェニレンジアミン、オルトアミノフェノール、パラアミノオルトクレゾール、パラアミノフェノール、メタアミノフェノール、レゾルシン、セタノール、プロピレングリコール、塩化ステアリルトメチルアンモニウム、エデト塩酸、パラベン、香料。

いかがですか?時間があったら調べてみてください。
美容室で扱っているものは化学成分が多く入っているものが多いのです。
使い方で身体に対する影響が違ってきます。
美容師は、細心の注意が必要なんです。
カラーする時は・・頭皮保護が絶対条件なのです。(カラー剤を流すシャンプーの時
乳化と分解をするのも必要です)
貴方が通ってる美容室はどうでしょうか??
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29431078

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。